目の病気(症状)

thum_disease

一般的な目の症状

目が赤い

  • 目が真っ赤になっている、痛みや視力低下などはない
    結膜の血管が切れて内出血した状態で、「結膜下出血」といいます(「眼底出血」とは違います)。中年以降の人に非常に多く見られます。視力に影響することはありませんが、眼科で検査を受けましょう。
  • 目やにが出る
    結膜炎が考えられます。早めに眼科を受診しましょう。
  • 充血に伴い、痛み、視力低下がある
    コンタクトのつけすぎなどの軽いものから、

    • 緑内障発作(眼圧が急激に上昇している状態)
    • 角膜潰瘍
    • ぶどう膜炎(目の中の炎症)

    などの重い病気の可能性もあります。なるべく早く眼科を受診しましょう。

目が痛いとき

「角膜の傷」「充血や炎症」「眼圧上昇」が考えられます。

  • 角膜の傷
    コンタクトレンズのトラブル、異物や外傷、再発性角膜びらん、その他の原因が考えられます。
  • 充血、炎症
    目の各部の炎症(ものもらい、上強膜炎、ぶどう膜炎、視神経炎)が考えられます。
    ※視力低下を伴う場合は、早めに眼科を受診しましょう。
  • 白目がふくれていて、目を閉じると痛い
    花粉症などのアレルギー性結膜炎で目を強くこすった後によく起こります。
  • 眼圧上昇
    緑内障発作や目の炎症による眼圧上昇が考えられます。早めに眼科を受診しましょう。

急に見えなくなったとき

症状が現れたら早めに眼科を受信しましょう。

  • 緑内障発作
    片目の痛み、充血、視力低下や頭痛、嘔吐などの症状があります。放置すると数日のうちに失明するので早めに眼科へ行きましょう。
  • 網膜剥離
    片目の視野の一部に幕がかかったように見えなくなります。手術が必要です。
  • 視神経炎、ぶどう膜炎
    片目または両目の病気で、視力低下の程度はさまざまです。
  • 眼底出血、硝子体出血
    網膜の病気のため、網膜上や硝子体中に出血し、「黒いものが見える」程度から「全く見えない」まで、出血の量や範囲により症状に差があります。網膜静脈閉塞、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症などが原因で起こることがあります。
  • 網膜動脈閉塞
    片目が一瞬で全く見えなります。まれな病気ですが、一刻も早く治療しないと改善しません

黒いものが見える

  • 飛蚊症(ひぶんしょう)
    黒いものが動いて見える。特に、急激にたくさん見えるようになったときは、急いで眼科を受診してください。
    加齢現象もしくは網膜剥離、眼底出血などの重大な目の病気の場合があります。網膜に異常がある場合、治療が必要になります。
    ※飛蚊症の検査には、目薬で瞳孔を開けて検査するため、検査後3~4時間の間ぼやけた状態になるため、車でのお越しはお控えください。

なみだが多く出る

  • 生まれつき涙が多い
    先天性鼻涙管閉塞
  • 季節にかかわらず涙が多くなった
    • a.結膜弛緩症
      年齢とともに結膜が弛んで、涙が目の中にたまるようになります。
    • b.鼻涙管閉塞・狭窄
      中年以降の女性に多い状態です。
  • 風の強いとき、寒いときに限って涙が多い
    目が乾くため、反射的に涙が多くなります。
  • 目の病気によるもの
    結膜炎、アレルギー性結膜炎など

ものがゆがんでみえる

物がゆがんで見えたり、まっすぐの線が曲がって見えたりするのは、目の奥の網膜に異常がある可能性があります。

  • 中心性漿液性網脈絡膜症(中心性網膜炎)
  • 黄斑前膜・黄斑上膜
  • 加齢黄斑変性(老人性黄斑変性)

目が乾く

眼が疲れやすい、あるいは何となく眼に不快感を感じたり、目が乾燥する場合、ドライアイの可能性があります。

  • 涙の質・量の低下
    (涙液が正常ではない)高齢、夜遅くまで起きている、ストレスが高いなど(生理的要因)
    病気や精神安定剤など
  • まばたきが少ない
    コンピューター、眼を酷使する作業(運転、細かい作業、読書など)
  • 涙が蒸発しやすい
    眼が大きい、乾燥した部屋など
  • その他
    コンタクトレンズ、アレルギー性結膜炎、大気汚染、紫外線など