医院案内 ❘神戸三宮 センター街さんプラザビル3階 松葉眼科

よりよいクリニックを目指して日々私たちは成長し続けます。

松葉眼科医院の基本理念

1.失明の予防 2.視力の回復 3.治療の実践

情報社会の今日、私たちが外界から得る情報のうち、

80%以上を視覚から得ています。

眼の酷使は幼少の頃から始まり、大人になっても、

仕事や日常生 活で眼を酷使する機会が増えています。

定期的に眼の健康診断を受けることにより、

大切な眼の健康を維持し、様々な病気を防ぐことができます。

松葉眼科医院では、1.失明の予防 2.視力の回復 3.治療の実践を基本理念

とし、眼科専門医による診察を受けることができます。

コンタクトレンズ処方を始め、白内障、緑内障、ドライアイなど、

様々な診療実績があります。

診察では患者様が納得のいく丁寧な説明を心がけています。

院長・医師紹介

院長からのご挨拶 松葉眼科開設1907年から地域の皆様に支えられて参りました。

はじめまして、松葉眼科院長の松葉沙織です。

松葉眼科の創立は、祖祖父松葉眞一が1907(明治40)年に設立しました,

二代目は祖母松葉登美子、三代目は叔父松葉賢一で、わたしで四代目です。


これまで、私は主に糖尿病網膜症、ドライアイ、緑内障を中心に臨床経験を積んでまいりました。
地域の皆様に支えられ、この松葉眼科医院の長い歴史があります。
皆様のご期待に添えるような最新の医療を提供し、一人一人きめ細やかな診察を心掛けていきたいと思っております。

セカンドオピニオンなどにも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

院長略歴

■院長   松葉 沙織

医学博士
日本眼科学会認定眼科専門医

オルソケラトロジー認定医
ボトックス療法認定資格医
ドライアイ研究会会員

LIME研究会会員

■院長略歴

平成15年    兵庫医科大学卒業 同眼科医局入局
平成17年    兵庫医科大学大学院 医学研究科 博士課程入学
平成20年    兵庫医科大学病院 眼科 病院助手
平成21年    兵庫医科大学大学院 医学研究科 博士課程修了
平成22年   京都府立医科大学 眼科学教室 研修員 (ドライアイ外来)
平成23年~平成25年 ドイツ留学同行のため休職
平成26年 高松赤十字病院 眼科
平成28年  4月 現職

■所属学会
日本眼科学会

担当医師紹介

004
担当医:小笠 賢一

■小笠 賢一(月曜日・金曜日 外来担当)

日本眼科学会認定眼科専門医
平成6年 大阪市立大学 医学部卒業

■角谷 裕子 (月・火曜日午後・水曜日 外来担当)

日本眼科学会認定眼科専門医

オルソケラトロジー認定医
平成6年 島根医科大学 医学部卒業

■石橋 和子(火曜日 外来担当)

日本眼科学会認定眼科専門医

平成9年 神戸大学医学部卒業

スタッフ紹介

みんな明るく楽しく、患者様一人ひとりに丁寧な対応を目指しています。
10年以上勤務しているスタッフもおり、みんな仲良くアットホームな雰囲気で頑張っています。

医院案内

受付・待合スペース 土日もオープン

自然光を取り入れ、明るく広いスペースを確保いたしました。

検査・診察待ちスペース

コロナ禍においても、中待合室が安心で快適に過ごせるように、考慮しております。

視力計・コンタクトコーナー

当院では5メートル視力計にて、より日常生活に近い視力を測定いたします。
初めてのコンタクト装用でもスムーズに装着脱が出来るまで、個別でサポート致します。

検査室

最新の眼科医療機器にて検査致します。

会計・お薬の受け渡し

自動精算レジを取り入れております。院内処方により、患者様の利便性を重視しております。

医療機器紹介

細隙灯顕微鏡

眼球を顕微鏡で眼科医が直接、観察する装置です。モニターカメラを使って、観察した画像を撮影し、患者さまに病気の現状を説明させていただきます。

ハンフリー 静的視野検査計

視野欠損を効率良く検出できます。 主に緑内障の視野検査として使用しています。

当院には2台視野検査計を導入しており、待ち時間の軽減に努めております。

オートレフトポグラファー

眼の屈折度数(近視・遠視・乱視など)と角膜(くろめ)の曲率半径(丸みの程度)を赤外線を用いて測定します。また角膜の精密な形を測定します。円錐角膜やドライアイの診断にも役立ちます。

RT7000_Tomey_A1[1]

その他の機材についてはこちらからご覧ください

診療時間のご案内

土曜・日曜・祝日(不定休あり)も診療しています。

※初めて診療を受けられる方は、受付時間が違います。詳しくは下記をご確認ください。

bnr_voice

兵庫県 神戸市中央区三宮 センター街 さんプラザビル3階 松葉眼科